26357D25-5614-4F49-8B4B-1C5DE368E82F_edited_edited.jpg

プロジェクト1

南城市玉城

南城市玉城は沖縄県の南部に位置します。南城市の土壌はジャーガル。
古代に大陸から堆積した島尻層群の泥灰岩からできた土壌です。灰色~灰褐色で、粘土質の非常に細かい粒子で出来ているため透水性が低く、雨が降るとグチャグチャの粘着性の泥になるため、農作業が大変ですがアルカリ性が強い。島尻マージを客土したり、緑肥等の植物繊維分を補給し、土づくりを行うことで、透水性が改善され、豊富なミネラル分を利用して栽培が行われています。